地盤調査は?(04-12)


住宅建設の地盤調査は、地盤が建築物を安全に支持できるか、支持するためにはどの程度の沈下が予想されるのか、また、支持できない場合は安全に支持するための方法を技術的に調べることを目的として行います。方法には、ボーリング、サウンディング、サンプリング、室内土質試験などがある。木造などの住宅の地盤調査では、先端がスクリュー状になった棒を回転貫入させるスウェーデン式サウンディング方式が一般的ですが、RC造で3階建て以上の建物の場合、確認申請の構造計算書の添付が必要となり、より正確な調査が出来るボーリング調査(正式には、ボーリング・標準貫入試験と言います)を行います。