結露について。(05-11)


結露は空気中の水分が、建物内部において温度差のある部分で水滴となって生じる現象です。これが一般的に表面結露と呼ばれる現象です。RC壁は比熱が高いので直接触れるとひんやりとした感じを得る為、室内空気との温度差で結露が生じる可能性があります。従って、建築地に応じて必要と判断する北側の壁面などに、内断熱の施工を行い、結露の発生を防ぐようにしています。外部と接する窓サッシでは、通常結露が生じても、サッシの結露受けで生じる程度の量となっています。